ブログ

オススメ本

※2022年9月のメルマガより抜粋

『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人: お金を引き寄せる「富裕の法則」』
ハーブ・エッカー(著)
https://amzn.asia/d/ddhWMUg

=====
▼ポイント
お金とキチンと向き合おう
=====

お金とか富とか引き寄せとか。
タイトルから毛嫌いする人が多い言葉が並んでいます。
しかし、そうやって【お金】に関する情報を遠ざけている人こそ読んでほしい一冊です。

お金にまつわる本はたくさんあります。
たくさんあるし、たくさん読んだ方が良いです。
数をこなすことで、以下のメリットがあります。
①多様な考えを知り、その中から自分に合ったものを取り入れることができる
②あらゆる本で共通している”核”となる考え方が見えてくる

特に②が大事で、
お金でもスポーツでも音楽でも、なんでもそうなのですが、物事には一流の人がみんな言っている【絶対にやった方がいい(やらない方がいい)こと】が存在します。
なので、なんでもかんでも自分オリジナルにしようとするのは誤りで、まずは核となる考え方いち早く掴んでそのまま取り入れ、あとは自分に合ったやり方をするのがよさそうです。

参考までに、僕が20代のときに読んで影響を受けた本を載せておきます。
かなりオススメです。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
https://amzn.asia/d/5aTmfTm

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
https://amzn.asia/d/5jkWivw

そして本書もそんなオススメの一冊です。

本書が伝えているのは、タイトルにもある通り、
「ミリオネア・マインド」
についてです。つまり「金持ち特有の思考法」です。なぜ、大金持ちになる人がいる一方、お金に縁のない人生から抜け出せない人がいるのか。
人の能力にはそんな大きな差はありません。
みんなの10倍稼いでいる人の脳みそが10倍大きいハズはないし、手が20本ある訳ではありません。
じゃあ、その差を埋めるものは何か。
それは単に【考え方(=マインド)】次第なんじゃないの?ということで、
「金持ち特有の思考法」を著者自信の経験から明らかにしているのが本書です。

【マインド】の話なので、まさに自己啓発的。
嫌いな人はめちゃくちゃ嫌いですが、そういう人ほど読んだ方が良い。
何かよくわからない物事に対して拒絶反応を示してしまう人は、お金に関してもメンタルブロックがかかっていることが多いです。
なぜなら、お金こそ【よくわからないもの】だからです。
なので、頭を柔らかくして、騙されたと思って一度本書を読んでみてください。
何かひとつでも実践できれば、少しでも人生良い方向に変わるかもしれないですよ。

そして本書に絡めてお知らせです。
僕たちは、上記のように、お金がよくわからないものである原因は、子どものときの教育にあると考えています。
お金は毎日使うものなのに、子どものときにお金について学ばないですよね。
もうすぐ高校で金融教育が始まりますが、僕はもっと早くから(小学校くらいから)
お金について学んでおいた方が良いと思っています。

例えばどんなことを学ぶの?と思われた【顧客_氏名(漢字)】さんに朗報です。
僕たちKUMA Partnersがラジオでお金の話をしています^^
RSKラジオPodcast
https://www.rsk.co.jp/radio/podcast/
※各アプリの検索よりRSKラジオ『あもーれ!マッタリーノ』を検索→7/19の放送回『お金ってそもそも何なのか?』でKUMA Partnersのラジオが聞けます!

超基礎である【お金の始まり】からお話していますので、ぜひ聞いてみてください!
また、今週9月16日にも放送があり、山陽放送が聴ける地域にいらっしゃる方は是非生放送をお楽しみください。
16時頃です。
『あも~れ!マッタリーノ』
podcastでアーカイブも残りますので、またご案内しますね。

関連記事

  1. 困ったときは利用するべき? 確定申告の代行依頼
  2. 【開催レポート】freee”マジカチ”meetup! @OKIN…
  3. 夜勤時の仮眠や自宅待機はどうなる? 休憩時間のルールを再確認
  4. 保険の加入漏れを確認! 年金事務所による総合調査
  5. 認知度アップ&ブランド再構築! 社名変更のメリット・デメリット
  6. 職場の労働環境改善に! 社内提案制度の導入ガイド
  7. ユニークなアイデアが続々! 自動販売機のビジネス戦略
  8. 基礎知識として知っておきたい『出向』と『転籍』の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP