ブログ

法人成りってお得なんですか? ロマンの向こう側

会社を作ってその代表になること

 

そこにはロマンがあります。

 

ロマンもすごく大事だけど、それだけじゃない。

良いところ悪いところをしっかり把握したうえで、明確な意図を持って会社を作りたいものです。

そんな“法人成り”について考えてみたいと思います。

 

法人成りとは?

昔は会社を作るのはハードルが高かったのですが、

今は要件がだいぶ緩和され

  • 元手1円で
  • 一人でも

会社が作れます。

 

まずはその会社(≒法人)についておさらいをします。

 

『法人』とは、法で認められている“ヒト”です。

ある一定の目的のために作られ、その目的の範囲内では人間と同じように権利や義務を有しています

“法人名義で不動産の契約をした” “法人名義で銀行口座を作りました“

など、法人を一人のヒトと見なした行為が可能です。

 

法人成り(=法人化)は、

今まで個人で行っていた事業を、法人という着ぐるみを被って引き続き行うことです。

なのでもし一人で事業をやられている場合は、外見的には状況にほとんど変わりはありませんが、

事業をとりまく法律関係や税金の取り扱いなどはガラリと変わるので、ここにメリットやデメリットが発生します。

法人成りのメリット

そんな法人成りのメリットを見ていきましょう

税金を減らせる

法人を作ると、税金が安くなる場合があります。

その理由の一つが税率です。

個人事業の対象となる所得税は、所得が多くなればなるほど税率が高くなるのに対し、法人税率は一定です。

よって、所得がある一定以上になると法人成りをした方が得になります。

おおよそ、売上が700~800万円くらいあれば法人成りを検討しても良いと思います。

税金ってどれくらい種類があるの?税率は?

 

あとは経費の範囲が広いため、結果、税金が少なくできるという可能性もあります。

どういうことかと言いますと、

支出が経費として落ちるかは“事業との関連性”がポイントとなります。

 

個人の場合、事業を行っているアナタもいれば、私生活を送っているアナタもいる。

よって、その支出が事業に関係があると言いきるためには、もっともな理由が必要です。

 

一方、法人は、(事業を行うという)目的のためにしか存在しないので、その法人が行った支出は基本的には事業と関連性があるとみなすことができるためです。

ただし、やりすぎは禁物です。誰がみても事業に関係のないものを意図的に経費にしていたらアウト。それは『脱税』です。

特に一人会社や一族経営の方などは、公私混同に注意が必要です。

青汁と王子と税金と ―脱税を考える―

 

その他、税金関係だと

法人設立後2年間は消費税がかからなかったり(条件あり)、

欠損(赤字)が9年間繰り越せたりするのも、法人成りをするメリットといえます。

 

社会保険制度の活用

続いて社会保険。健康保険や年金などです。

メリットになりうるかどうかは、状況や考え方にもよりますが、

役員報酬や配偶者の存在を上手く活用することによって、少ない負担で手厚い保証を受けられる可能性があります。

社会保険制度の詳細については、シリーズもので書いておりますのでご一読ください。

正しく知ろう!社会保険制度

信頼性UP

これが意外と大事だったりします。

同じ仕事を頼むにしても、個人より会社に頼む方がなんとなく安心感がありますよね?

 

フリーランスが増加している昨今では、少しずつ状況は変わってきているようには感じますが、

まだそういう感覚を持たれている方は多いと思います。

特に大企業や官公庁を相手に仕事をする場合、個人事業では先方の審査が通らない場合があります。

 

せっかく素晴らしい商品や技術をもっていたとしても、そんな形式面で受注を逃すのは勿体ないことです。

ご自身の事業内容や顧客層を考慮して、法人成りを検討されることをオススメします。

 

法人成りのデメリット

さて、次は法人成りのデメリットを見ていきましょう

設立費用がそこそこかかる

会社を作るのにはお金がかかります。

作ろうとする会社の種類にもよりますが、だいたい20~30万くらいは見ておいた方が良いでしょう。

 

赤字でも維持費はかかる

加えて、ランニングコストもかかります。

例えば、法人住民税は、たとえ赤字であっても最低7万円くらいは毎年必要になります。

 

また、法人の場合には個人事業の場合よりもしっかりと決算書を作る必要がありますので、

日々の経理、決算書作成、申告などの業務をきちんと行わなければなりません。

これらの全部を税理士に任せる場合、それなりの報酬が必要になります。

 

事務負担が軽くない

上述の経理や決算業務なども、税理士に頼まず自分でやるよという方もいらっしゃると思います。

その場合、お金はあまりかからないかもしれないですが、それ相応の手間はかかります。

 

これについて私見ですが、

日々のお金の管理や経理については、会社の実態を把握するという意味でもご自身でやられることをオススメしますが、

税金の申告や決算の作成については専門知識が必要ですので、

これをイチから勉強してご自身で粛々とやられるよりは、本業に専念される方が良いと思います。

 

最後に

法人成りを考えるにあたっては、事前にシミュレーションをすることが望ましいです。

また、法人成りした方がメリットがあるとわかったとしても、いざ実行する際に考えることもたくさんあります。

 

特に、最後に触れた、経理などの内部管理体制については最初の“設計”がすごく大事です。

いざ走りだすとなかなかそこに手が回らないことが多いので、ぐちゃっとなったまま進んであとから余計な時間を取られることになります。

 

KUMA Partners.,Ltd.では、事前シミュレーションから法人設立、管理体制の構築までサポートさせていただいております。

また、すでに事業を始められている方で、業務を見直したいというご要望にももちろんお応えします。

お気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

  1. 正しく知ろう!社会保険制度
  2. 誰にでも限界はある、、、~内部統制だって同じ~
  3. 内部統制の重要性
  4. PEST分析~マクロの視点~
  5. 自分でやる?やらない?
  6. どれだけ売上があれば安心??
  7. 正しく知ろう!社会保険制度③
  8. 実際原価計算って何??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP