ブログ

法人名義の銀行口座を作ろう!

今回はKUMAの前身である、私が一人経営者として設立した会社名義の銀行口座を開設したときのことを書きたいと思います。

 

  • 法人名義の銀行口座の必要性

法人名義のクレジットカードを作る際などにカードの引き落とし口座が経営者の個人名義口座だと受け付けてもらえず、作ろうとしているクレジットカードの名義と同じ名義の銀行口座が必要になります。

また、法人を設立すると社会保険料を支払うこととなるのですが、その引き落とし口座を経営者個人の口座にすると会社が負担すべきものが毎月経営者個人の口座から引き落とされていくこととなるため、会計処理もめんどくさいですし、資金移動もしなければならないため、手間がかかります。

 

  • 法人名義の銀行口座開設のハードル

今まで一個人として口座を開設するには印鑑と免許所等を持っていけば、簡単に口座開設はできるというイメージでいました。でも、いざ法人名義の銀行口座を作ろうとすると思いのほかハードルが高かったです、、、、というのもできたてほやほやの会社名義の銀行口座で振込詐欺事件が多発していることから銀行側も警戒しているようです。

 

  • 断られやすい条件

口座を開設しに窓口に行った後に知ったのですが、下記のような事項に当てはまると、銀行から本当に事業をしているのか?ペーパーカンパニーではないか?と疑われて、口座開設を断られる可能性が高くなるようです。

 

①資本金が少なすぎる

法律の改正もあり、今は資本金1円から会社が設立できてしまいます。

しかし銀行は、資本金はその会社の基礎体力、つまり、これを元手に事業を始めますよ!という対外的な宣言のようなものと捉えているため、その資本金が少額だと本当に事業を営むのかどうか怪しまれてしまう可能性があります。

 

②事業内容がよくわからない

会社を設立する際にはこの会社はこういう会社ですよといった基本的な事項を記載した定款というものを作成し、口座開設の際にはこの定款を提出します。ここに記載の事業内容がものすごく多岐にわたっているなど何をしている会社なのか結局わからないという場合には銀行も怪しむことがあります。

 

③登記場所がバーチャルオフィス

これは先ほど書いた振込詐欺の可能性が疑われる大きな要因となるため、断られる可能性が格段に上がります。会社登記の場所での営業活動が行われていない可能性が高いと判断されるため、銀行も怪しむようです。

 

  • いざ口座開設へ!

会社の設立をお願いしていた司法書士の方から登記事項証明書が届いて、会社の印鑑も手元に来て、少しワクワクした気持ちで法人名義の口座開設をしに窓口に行きました。

あっさりと撃沈、、、、最初の銀行では私の風貌が怪しかったのでしょうか、会社のパンフレットやお客さんとの契約書と報酬の入金記録(口座がないのにどうやって入金履歴を出せというのかと後になって思いました)等の提出を求められました。

気を取り直して次の銀行へ。何度も行くのが面倒だったので、先に電話をしてどのような書類があればOKなのか聞いてみました。基本的に必要な書類以外に事務所の賃貸契約書を持ってくるようにと言われたので、持っていきました。固定席はないレンタルオフィスですが、バーチャルオフィスとは違い実際に作業ができるスペースがあるものだったので、OKだったのかもしれません。

2週間ほどの審査期間を経て無事に口座開設ができました!

 

  • やっぱり計画性

何事も事前準備が大切だと改めて感じました。最初から電話でどのような資料が必要か聞いていれば最初の空振りは防げたのかなと思います。会社を設立された経営者の方は貴重な時間を無駄にしないように事前に必要書類の確認をするようにしてください!

 

 

関連記事

  1. 誰にでも限界はある、、、~内部統制だって同じ~
  2. 管理会計の代表格「原価計算」
  3. あなたの会社はどれだけ”価値”を生み出し…
  4. 自分でやる?やらない?
  5. 未来のためにたまには振り返ってみましょう
  6. 経営者だけじゃない!営業も知るべき利益管理!
  7. ストックオプションとは?活用法を解説します!
  8. 会社を変えるには「内部」から

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP